台所の排水管トラブルによって水漏れを起こさないための豆知識

■台所の使い方で気を付けたいこと

台所は毎日食事を作ったり汚れた食器を洗う場所です。毎日使う場所だからこそ水漏れトラブルが起こりやすい場所と言えます。安心して台所を使えるように、出来る限りトラブルに見舞われないために覚えておきたい秘訣がたくさんあります。
例えば、絶対にNGと言われているのが熱いお湯を直接シンクに流す行為です。一見すると熱湯だから台所周りの消毒になりそうと思うかもしれませんが、野菜や麺を茹でた熱湯は排水管に大きなダメージを与えてしまう行為なのでやめてください。一般的に排水管は50度から60度ぐらいが耐熱温度と言われています。それ以上熱いお湯は流してはならないという基準になります。これを踏まえて考えると、いまさっきまで茹っていたお湯を直接流すことが、いかに危険行為かお分かりいただけるでしょう。
熱湯を数回流した程度ですぐに壊れることはないものの、何年も同じ行為を繰り返していれば、通常経年の劣化によって排水パイプが壊れるよりも、熱湯を流すことでトラブルが起こる時期が早まってしまうと考えられます。一日に使う水の量を考えてみても、それが毎日積み重なれば大量の熱湯により、排水管に負荷がかかることを容易に想像できます。
ちょっとした心がけひとつで水のトラブルは予防できますので、熱湯を捨てる場合は冷めてから捨てるか、もしも時間がない場合は水で温度を下げてから捨てるようにしてください。ご家族など同居人がいる場合はこのことを全員で周知するようにしましょう。

■油以外の意外な物もトラブルの原因になっていた

台所の排水管でトラブルが起こると水漏れやニオイなどの問題が発生しやすくなるので、できるだけ水のトラブルを起こさないためにも何が原因なのか知っておくことはとても大切です。よく言われているのが油です。このぐらいの量なら大丈夫だろうと油を排水口からそのまま流すことはNGとされています。なぜなら、流れた油はそのままキレイに流れていくわけではなく、排水管の内側にくっついてしまうためです。少しぐらいなら水を流した勢いでついでに流れるのではと思うかもしれませんが、内側についた油汚れは、時間をかけて岩のような塊になってしまいます。
場合によって人間の手のひらよりも大きい塊になるのですから、少しの水を流した程度で汚れは落ちてくれません。これは台所からでる詰まりスカムと呼ばれています。油の塊ではなく、油と台所洗剤が混ざって出来た塊です。見た目は軽石や石鹸のようですが臭いは強烈です。初めは少しずつ流れていた油は冷えることで管の中で固くなります。それが石鹸とまじりあい酸化することで巨大な塊へと変貌するのです。他の水回りと台所の水のトラブルの大きな違いは、この油に原因があります。
しかも普段使っているサラダ油だけが原因ではありません。カップラーメンのスープなどもスカムの要因となってしまいます。カップラーメンを食べ終わって、残ったスープをそのまま排水溝に流す行為はやめましょう。油はもちろんですが塩分によって管の中が劣化してしまう恐れがあります。ティッシュやキッチンペーパーなどに含ませてから生ごみとして捨てるようにしてください。

■良かれと思ってやっていたことがNGな場合もある
台所の排水管の水漏れを予防するために、日ごろからしっかりメンテナンスをしているという家庭も増えてきました。水回りのトラブルは毎日の汚れや雑な使い方によって汚れが付着したり、それによって劣化を早めてしまうことが原因で起きてしまうこともあります。ですから、水回りを日ごろからしっかり手入れすることは大切なポイントではありますが、実はこのメンテナンスそのものが水のトラブルを引き起こしている可能性もあります。
水回りをキレイに保つために市販されている洗剤などは、強力な作用があるものがほとんどです。もちろん中にはこまめに使っても問題ないものもたくさんありますが、非常に強力な作用があるタイプを使う場合は注意が必要です。中には水のトラブルを解決する専門業者たちが使うタイプの強力な洗浄剤も市販されていますが、それらは通常のクリーナーとはまったく違うと捉えてください。うっかり使い方を間違ってしまえば、水回りやパイプをキレイにするどころか、排水管が壊れてしまう可能性があるのです。しかも、このような強力な洗浄剤を使うときは、水の流れが悪いなど中で何かが詰まっている場合が多い傾向があります。そのため、詰まりのトラブルが生じている部分にその強力な洗剤が留まってしまい、排水管を大きく傷つけてしまう可能性もあります。
排水管の詰まりなどのトラブルが生じたときは水回りの専門業者に詰まりを取り除いてもらいましょう。強力な洗浄剤を使うのはそのあとでも十分です。ちなみに使用法は必ずその商品の説明を読んで使用法を守って使うようにしてください。これも排水管を守るために大切なことです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ