エアコンの排水管から水漏れが生じる原因と対策

■エアコンの排水管に不具合がある時

エアコンの配水管に不具合があり、水漏れしていたり何かトラブルが起こって困っているという人もいるのではないでしょうか。主に原因となるドレーンホースは、本体の内側で発生した水を住宅の外に排出することを目的とした排水管のことです。
まず、配水管の内側に汚れやゴミが溜まってしまうと、中の水が逆流してしまい、水が漏れるという症状となって現れることがあります。この時は、配水管の内側をきれいに掃除することで解決する場合もあります。排水管そのものが劣化している時は、専門の修理業者に依頼をして交換してもらう必要があります。
また、配水管がたるんできたり、劣化していることが要因で水が漏れることもあります。配水管のたるみが多くなると、内部で水がたまる箇所ができて、ゴミが詰まったときと同じような状態になります。また、排水管が古くなって穴が開いてしまえば、そこから水が漏れてきてしまう可能性もあります。購入して長期間経ったエアコンは、さまざまな部分が少しずつ傷んでいます。排水管は野外に設置する部分でもあるので、巻きつけられているテープなどが紫外線などで劣化して剥がれやすくなってしまいます。
配水管の掃除や交換は、簡単にできる作業ではありません。このような症状が酷くなる前に、業者に連絡をして修理を依頼した方がいいでしょう。

■エアコン本体に不具合がある時

本体に不具合があるというのはさまざまな原因が考えられます。そのなかの一つに、フィンが結露してしまった例が挙げられます。本体に取り付けられているフィンは、アルミ製の薄い金属板が何枚も重なったような部品で、冷房を動作させているときに冷たくなる部分を指します。この部品が冷たい風で結露してしまうと、本体や本体下の床が濡れてくる状態になります。この時は、故障ではない可能性もありますが、ホコリなどの汚れがたまることがある部品となっています。定期的に点検も兼ねて業者に相談してメンテナンスをしてもらったり、不具合があれば早期に対応してもらうことも1つの選択になります。
本体が非常に古くなっている場合は、新しいものに交換することも検討してみても良いでしょう。修理を重ねて長く使うということも大切ですが、新しいタイプの製品なら省エネタイプとなっているものも多く販売されています。高い修理代が発生するトラブルの場合は、新しく買い換えた方が良い時もありますので、費用対効果を考えて検討する必要があります。
なお、本体の設置が平行になっていない時や屋外から雨水が浸入するような時にも、水が漏れる要因となります。本体とつながっている配水管は、水がスムーズに流れるように少し傾きが付けられています。ドレーンホースが水平になっていたり、逆向きの傾きとなっていると本体から水が垂れてきてしまいます。また、屋外からわずかでも雨水が浸入してしまうと、エアコンから水漏れしているような状態になってしまいます。
このような点を考慮して、自宅のエアコンを点検すれば、水が漏れている要因を特定できます。もし、どうしても水が漏れる要因を特定できないときは、業者に点検を依頼して、確認してもらうと安心して使用できます。

■エアコンの水漏れを放置しておくリスクについて
本体や室外機からの水漏れを放置しておくことの問題は、次の3つになります。
まず、水が漏れて床が水びたしになってしまうと、住宅を傷める問題となってしまいます。木材が腐食してしまえば、衛生的な環境とはいえませんので、健康を害してしまう危険性もあるのです。とくに湿気でカビが生えてしまうと、微熱や咳、痰などの症状が現れ、肺の中にカビが入り込んでしまうこともあります。お年寄りや小さなお子さま、気管支に疾患のある人などの体力がない家族がいる場合は、特に注意を払うことが大切です。
また、漏れ出した水が壁を伝っている状態のままでは、壁紙が傷んでしまうことに繋がります。水漏れの修理に加えて壁紙の張り替えまで必要になると、とても高い修理費用が必要です。壁紙の交換と床の張り替え、エアコンの修理までするとなると、費用を捻出しきれない時も出てきます。そうなった場合は、不衛生な環境で生活せざるを得なくなり、生活の質が大幅に損なわれてしまうことが問題となります。
さらに、本体の内側が水びたしになってしまうと、内側の部品にサビが生じたり、故障の要因になりやすいです。また、本体の内側の湿気が高くなり、いわゆるトラッキング現象による火災が発生する事例もあります。水漏れを放置していて火災が発生する可能性も考えられます。
このように、エアコンの配管からの水漏れは、さらに大きなトラブルを招くことも考えられます。僅かな水の漏れだからといって放置することなく、根本的に解決しておく方が良いでしょう。エアコンは、電気を使用した機器となっていますので、修理やメンテナンスには高度な技術と知識が必要になります。DIYが得意だからといって安易に自分の手でやろうとせず、電気製品の修理やメンテナンスを得意とする業者に相談をして、解決してもらうようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ