排水管で水漏れが起こるのは継ぎ目がほとんど

■排水管で起こる水漏れの症状

キッチンや洗面所で、下にある収納から異臭がしたり、カビが発生していることがあります。そんな時には排水管の水漏れを疑う必要があります。排水管の水漏れは、常時水が流れているわけではなく、排水が流れる時のみ発生するので、発見が遅れがちです。
しばらくの間、水漏れを繰り返しますが、排水に含まれている成分が、異臭を放つことがあります。また湿気を伴うのでカビが発生しやすい環境となります。このように間接的な症状で発見する可能性が高いです。
しかし定期的な点検をすることで、早期に発見することも可能です。たとえば毎月、排水管をチェックして水が流れた跡がないかを確認します。排水は水だけではなく、他の成分を含んでいることが多く、漏れたところに跡が残りやすいです。配管を見て、筋のような跡がないかを確認します。もしそのような跡が見えたら、その跡があるもっとも高い場所に原因があります。筋の発生しているところを確認して、緩みや割れなどがないかを点検しましょう。
まだ初期状態でほとんど漏れていない時には、継ぎ目で溜まっているだけのケースもあります。その場合、目視で発見することは不可能です。確認方法として、ティッシュを使います。ティッシュを広げて排水管の継ぎ目の部分に巻きつけます。そこで濡れているところがあれば、漏れが発生している証拠になります。広げる時にどこに当たっていたかわかるようにしないと意味がないので注意しましょう。
排水管の確認は、排水を流した直後に実施しないと意味がありません。排水が流れている時しか発生しないので、しばらく経ってからだと乾燥する可能性があります。

■水漏れのほとんどが継ぎ目

水漏れが起こるのは、配管の継ぎ目がほとんどです。いろいろな形に合わせたり、装置に接続したりと配管には必ず継ぎ目があります。その部分は、ネジ山によって締め付けて密閉した状態を保っています。
継ぎ目には部材同士がぶつかる部分があるので、パッキンが使用されています。これがないと部材同士がぶつかって破損の原因になる恐れがあります。パッキンは樹脂のものを使っていることが多く、長年の使用で劣化してしまいます。ですから、定期的な交換が必要です。
パッキンが劣化すると継ぎ目の接点が擦れるため、隙間が発生しやすくなります。結果としてそこから水漏れが発生します。新しいものに交換するだけで、元の性能を維持することが可能です。劣化は少しずつ起こるので、はっきりと目に見えるようになるまでには時間がかります。
そのほかには、ボルトなどが緩んでいる可能性です。継ぎ目がしっかりしていないと隙間ができるので漏れるのは当然です。緩みが見られるようならしっかりと締め込んでおきましょう。ただし排水管の場合は、樹脂製の素材が使われていることがほとんどです。これは金属では酸化する恐れがあるからです。
樹脂性のネジは加工が難しく、すぐに割れてしまう恐れがあります。ちょっと当たっただけでも、樹脂にはしっかりとヒビが入ってしまうことがあります。締結力のないネジは、意味がないので早めの対応が求められます。慌てて締め込むと破断する恐れがあるので注意が必要です。

■排水管の水漏れ対応
排水管の水漏れは、排水が流れている時しか発生しません。そのため発見は難しいですが、対応は少しやりやすくなります。漏れが疑われる継ぎ目に対して、まずは元の状態にもどすことを試みます。例えば緩んでいるネジを締め直すことです。
樹脂でできているネジは脆いので、工具を使わない方がいいでしょう。締め込みの力が強いことで、破断するリスクが高まります。ですから、手でゆっくりと締め込んでいくだけで十分です。力がある人が行う時には、ぐらつきがなくなる程度で終わりにするようにしましょう。
完全に破断しているような時には、交換以外に直す方法はありません。材料が揃うまで応急処置を行います。ネジが外れないように注意しながら耐水性のテープを巻きつけます。もし自己融着テープがあれば、しっかりと密着させながら全体に巻きつけます。その後でビニールテープなどを巻いて剥がれないようにします。この方法はあくまでも応急処置なので、早めに交換を行いましょう。
ネジに問題がない場合は、パッキンの交換が必要である可能性があります。新しいパッキンを入手して交換を行います。排水管は使わなければ水が流れないので、安心して作業をすることができます。作業中は水道を使用しないように周りの人に忠告しておきましょう。
古くなった樹脂は、硬くなり、衝撃で簡単に割れる状態にあります。築年数が長い時には、全体の交換を検討した方が安心です。排水は高温だったり、氷だったりまちまちです。温度差は素材の劣化に影響します。また、水以外の成分が配管内を傷めて、劣化させる恐れもあります。このように条件が厳しい部分であると認識したうえで、作業をすることが必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ