排水管・排水ホースからの水漏れ防止のためのコーキングの方法

■コーキングとは?どういう役割がある?

排水管や排水ホースなど水周り関係の言葉でコーキングと耳にされた事があるかと思います。コーキングと聞いても素人は意味があまり分からない事もあるでしょうが、言い換えるなら隙間を埋めるためのパッキンの事を指します。例えばよく見かけられる部分としては、窓のサッシ周りや浴槽と壁の隙間、水の流れるパイプのつなぎ目などにあります。それらのような接続部分はコーキングが無いと隙間から水が漏れてきやすいです。そのため、伸縮性のあるゴム製のパッキンをつける事により、隙間から水漏れをしないようにしています。一言で言えば、防水性能を高めるために必要なものという事です。
また、壁と浴槽のように、建材同士が直接ぶつかり合わないようにクッションの役割を果たす意味でも使われています。コーキングを使わずに直接固定した場合、気温などの変化によって収縮や膨張を繰り返すと亀裂が入るなど故障しやすくなりますし、耐久性があまり強くありません。そのため、間にコーキングを挟む事により、建材同士がぶつかり合わず、さらに多少の膨張と収縮にも対応できるゴム材なため、簡単に亀裂が入ってしまうような事もありません。コーキングがどういう役割をしているのか覚えておく事で、いざ水漏れした時にどこをチェックすれば良いのか、どこの部品を交換したら良いのかという事の判断がつきやすくなるでしょう。

■水周りのコーキング剤を選ぶ

コーキング剤は水周りはもちろん、外壁材や窓サッシ、排気口など様々な部分に使われていますが、それぞれ使用する箇所に適した素材があります。例えば水周りの排水管や排水ホースなどの箇所に使う場合、求められるのは撥水性や耐久性です。主に外壁に使われる変性シリコン系のコーキング剤も使う事は出来ますが、水に触れる箇所に使用しますので、性能を重視してシリコン系が望ましいでしょう。また、水周りの部品で心配すべき事として「カビ」が生えてしまう事です。カビが生えるとコーキングが痛み、劣化も早まってしまいますので、排水管に使うものは防カビ使用のものですと尚良いでしょう。
排水管や排水ホースなどの水漏れ対策のためにコーキング剤を用意したとしても、少量しか使用しないため、かなりの量が残ってしまいます。本来であれば一度に使いきれる事が望ましいのですが、それこそ配管のコーキングにおいてはなかなかそうもいきません。コーキング剤はチューブのような形で販売されている事がほとんどなので、先端のノズルの一部をカットし、切り取った部分を逆さまにして差し込み、隙間ができないようにテープで固定しておくと、空気に触れませんので保管できます。とはいえ、やはり長期的に保管していると新品に比べて品質が低下してしまうのは仕方がありません。もし使いたい人がいれば譲ってしまう方が無駄になりませんし、あるいはDIYにも活用される事の多いものなので、使えそうな部分には積極的に使用してみるのも良いでしょう。

■コーキング剤の正しい使い方
普段からあまりDIYをされない方からするとコーキング剤を買ったとしても正しい使い方が分からないという事の方が多いでしょう。コーキング剤はただ塗れば良いというだけでなく、やり方次第で仕上がりが変わってきます。仕上げをきれいにするために、カッターやヘラ、コーキングガンそしてマスキングテープも用意しておきましょう。コーキング剤のノズルの先端は斜めにカットしておくと打ちやすく、その上でコーキングガンにセットします。ここまでは大前提として、きれいな仕上がりにするのに大切なのはヘラです。排水管や排水ホースの接続部など、細かい箇所に打ちたい場合には、先端の細いヘラを用意しておく方が良いです。また、ヘラ一つにしても硬質と軟質の二種類があります。必要に応じて使い分けましょう。
コーキング剤を使用する場合、打ちたい箇所にもともとコーキング剤が付いていないか確認しましょう。古いコーキング剤はカッターなどで切り込みを入れて、そこからマイナスドライバーなどを入れ、一気に取ります。その時、配管などを傷つけてしまわないように注意しましょう。古いコーキング剤を取り除いたら、打ちたい箇所の2ミリ程度外側にマスキングテープを貼り、間にコーキング剤を打っていきます。その後にマスキングテープを剥がし、乾くまで待ちます。コーキング剤にもよりますが、2時間から3時間で乾く事が多いものの、念のために24時間程度は触ったり物が触れてしまったりしないように注意しましょう。配管にコーキングした場合、できればしっかり乾くまで水を流さない方がより安心です。このようにコーキングは自分でする事も可能ですし、DIYを得意とする方からすると、それなりに簡単にできるでしょう。しかししっかりやらなければ水漏れの原因になりますので、不安な方は業者に依頼した方がきれいに仕上がるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ