排水管から水漏れをしたときの補修方法

■詰まっていないか確認する

排水管が水漏れを起こす原因は複数ありますが、詰まりもその1つだと言えます。そのため、詰まりを解消することで元通りになる可能性もあるのです。問題はどのように補修するのかという点ですが、大きく分けると2つの方法が存在しています。
まずは1つめですが、それはパイプの内部を掃除するためのブラシを使用する方法です。柔らかいブラシにバネのような素材の長い柄が取り付けられている専用の物がホームセンターなどに売られているので、事前に用意しておきましょう。後はパイプの内部に突っ込んでこするだけです。これだけでも改善される場合があるのですが、かなり詰まりが酷い場合には、異物を押し込んでしまう可能性もあるので注意が必要です。そんなときにはもう1つの方法を試してみましょう。
それはパイプクリーナーを使用する方法です。重曹を使う方法も存在していますが、パイプクリーナーの方がより成功率が高くなります。使い方はメーカーや種類によって若干異なりますが、それほど大きく違っているわけではありません。排水管にパイプクリーナーを入れて、大体30分前後放置しましょう。短すぎると効果が薄くなってしまいますし、長すぎると汚れが固まってしまう可能性があります。30分ぐらい経過したら、水をしっかりと流して完了です。これで水漏れが改善される場合もあるので、しばらく掃除をしていないのであれば試してみましょう。補修作業を行うときには、薬剤が皮膚に付くと荒れてしまう場合や痛みが発生することもあるので、素手ではなく必ずゴム手袋をして行わないといけません。

■定番の補修方法はパッキンの交換

水漏れをしてしまう理由の中で、特に多いのがパッキンが劣化したりずれたりしたために隙間から水が外に流れ出てしまうことでしょう。パッキンは排水管の繋ぎ目などに利用されていることが多いので、補修をする際には工具が必要です。万が一のときに備えて、必要な工具と交換用のパッキンは揃えておくと安心です。
パッキンがずれていることが原因で水漏れを起こしている場合には、なぜずれてしまったのかを考えないといけませんが、大半の原因はナットの緩みでしょう。ナットが緩む理由としては、地震や工事などで家が揺れたことで、きつく締まっていたナットがどんどん外れかかっていく場合が多くなっています。このようなときには位置を元通りにしてからナットをきつく締めれば改善されます。
これでも全く直らないのであれば、パッキンの劣化が理由である可能性が高いです。パッキンが劣化すると手で触った時に黒い汚れが付着することがあります。また、固くなったりひび割れている場合もあるため、新しいものへ交換します。その時の注意点は、サイズを間違えないことです。さらに補修をする際にはきちんと水を止めておきましょう。水は蛇口を閉めておくだけではあまり意味がないので、元栓から閉めてしまうのがよいでしょう。そうすれば水が勢いよく流れ出てしまうことはありません。ただし、排水管の中に水が残っている場合もあるので、洗面器やバケツなどを用意しておき、床に垂れないような対策を講じておく必要があります。特にU字型のパイプは多少水の量が多く溜まっている可能性もあるので、外したらそのままの状態でバケツや洗面器のところへ持っていって水を流します。

■何をしても直らないならパイプを交換する
詰まりもなく、パッキンの劣化も見られないのでどう補修したらよいのかわからなくなったら、水漏れしている排水管自体を変えてしまうしかありません。化粧洗面台の下やキッチンのシンク下など、排水管が露出している部分であれば自分で新しい部品を購入して交換することもできます。排水管の交換は少々手間がかかりますが、必要な工具類もあるので、事前に何が必要なのか、どのような手順で行うのかを調べておくべきです。
水漏れしているパイプがわかったら、まずは洗面器やバケツなど、水を受けられる物を用意します。次にゴム手袋を装着して、工具を手元に出しておきます。元栓もしっかりと閉めて、水が流れないようにしておきます。準備ができたらナットを取り外してパイプの中に溜まっている水を捨て、新しい物に交換します。
後は元通りに繋ぎ直せばよいのですが、ここで終了してはいけません。きちんとナットが締め付けられているのか、本当に水漏れが直っているのか確認をする必要があるのです。そのため、新しい排水管を接続したら元栓を開けて少量の水を流してみましょう。これで全く水が漏れてこないなら完了ですが、改善されないのであれば、素人では直せない可能性もあります。
もう1度やり直してもよいのですが、取り付けの不良や繋げる排水管の種類などが間違っている可能性もあります。正しく取り付けを行っても改善が見られないようであれば、早急に専門家に依頼をして補修を行ってもらいましょう。その際には自分でもこのように補修をしてみたと報告しておくとわかりやすいです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ