排水管の水漏れは補修すれば問題なく使えるのか?

■排水管の水漏れは補修で対応すれば問題ないのか

排水管の水漏れが詰まりによるものならば補修は不要です。ただし、部品そのものに亀裂が発生している場合は補修が必要になるでしょう。ただし、あくまでもこれは応急処置であり、恒久的な対策ではありません。そのため、恒久的な対策をしたいという人は補修だけでは足りないというのが答えとなります。このケースのパーツ交換となると素人ではなかなか手が出せない領域になりますので、業者に依頼することが基本となります。
経年劣化によってボルトやナットが緩んでいたり、パッキンが劣化して水漏れが発生していたというトラブルならば、DIYが得意な人だと自力でどうにかできるケースも多いのです。しかし配管丸ごとの交換となるとプロの力が必要となってくることが多いので、直ぐに依頼することを考えてください。
見えている配管からの水漏れなのか、見えていない部分からの水漏れなのかも問題となってきます。基本的に水道の配管はキッチンシンクの排水管のように見える位置にあることは少なく、壁の中や床下を巡っていることが多いです。そのため、水漏れといったトラブルが起きていても気がつかないことが頻繁にあります。気が付いた時には、水道代がいつもと比べると大幅に高くなっていたり、集合住宅で下の階層に住んでいる方の天井が水浸しになってしまったといった実害が発生するということもあるでしょう。
このように手が届かないところで発生している水のトラブルには、急いでプロに依頼することが基本となります。壁を壊したり床を外すといった作業は、本格的な作業用機械などを用意しないと不可能です。ちなみに蛇口から水が出ていない状態で水道メーターが回っている場合は、給水設備で水漏れが発生しているサインとなります。その逆で、蛇口から水を出しておらず、水道メーターも回っていない場合は排水設備から水漏れが発生しているというサインとなります。

■配管に傷が発生している時の対応はどうするのか

パーツの劣化やつまりではなく、亀裂や傷が配管に発生し、それが原因で水のトラブルが発生している場合は、テープなどを使っての応急処置が可能です。そのテープとは自己癒着テープや防水補修テープ、水道用ラップテープなどいろんな種類がありますが、どれも一長一短なので使いやすいものを選ぶと良いでしょう。自己癒着テープは接着剤となるのりを使っていないタイプのテープで、素材の特性を利用してくっつくようにできています。のりと水は相性が悪いのですが、のりを使っていないタイプのテープのため水漏れトラブルが発生している配管とは相性が良いです。防水補修テープはいわゆる水に強いテープで、水道用ラップテープはテープ同士が接着するテープでこちらも問題なく使うことができます。
やり方は止水栓を止めて水漏れを一時的にストップさせてから、テープを貼り付ける部分を綺麗にして貼り付けやすい状態にし、テープを引っ張りながらきつめに巻き付けていくだけです。テープによる応急処置が不安という方は、その上からさらに保護テープを貼ると良いでしょう。ただし、これは応急処置なので一時的な対応に過ぎません。直ぐにまた漏れ出してしまう恐れがありますので、早急に業者を呼んで交換対応をしてもらいましょう。根本的な問題を解決するには新しい部品に取り替える必要があります。

■水のトラブルは発生させないことが大切
水のトラブルの中で防ぐのが非常に難しいのが経年劣化や自然災害による物ですが、それ以外のトラブルというのはある程度意識することで防ぐことができます。何らかのつまりが発生してしまうことで逆流して水漏れが発生してしまうというトラブルも、常日頃ケアをし続けていれば発生することはほとんどありません。たとえば、つまりが発生しないように定期的に50℃程度のお湯を流してつまりの原因となる油脂よごれや洗剤かすの固まりを除去してあげるというのも有効でしょう。髪の毛などお湯に溶けないものにはほとんど効果がみられませんが、温めることによって溶けるものはこれでトラブルを防ぐことができます。
配管内部というのは目に見えない部分であり、つまりや水漏れといったトラブルが発生して初めておかしくなっているということに気がつける物です。しかし、トラブルが発生してからでは遅いのも事実なので、発生しないように普段から気を付けておくことが大切です。近隣住民を巻き込むレベルの水のトラブルが発生すると最悪の場合、損害賠償請求にまで発展しかねませんので、トラブルが起きないようにすることが自分の身を守るためにも必要な行動となってきます。
また、これらのほかに自然災害による配管関連の被害が発生した場合に補償が効くような保険も出ていますので、それらの保険に入っておくことも重要でしょう。ただし、このような保険は自分が原因で発生させてしまった水のトラブルは補償してくれないことが多いので過信は禁物です。たとえば水を出しっ放しにして床を水浸しにしてしまい、下の階にいる方々に迷惑をかけてしまったというケースでは、自分が原因となっているので補償が降りないというパターンが多々あります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ