排水管の水漏れは使われている場所によってさまざま

■排水管はいろいろな場所にある

生活の中で多くの場面に使用されている水道ですが、なくてはならないものです。家の中でもお風呂やトイレ、キッチンや洗濯機など水を使う場所は多くあります。そこで必要なのが排水管で、水回りには必須です。私たちが支払っている水道代は、排水管を通じ処理場に流したり、水を引いたりすることに使われています。
また、用途によって水道の形も変わってきます。浄水器付きのシャワーや、トイレのようにタンクにためて使用するものもあります。同時に、排水管にも利用場所によって違いがあります。排水管内部には大きな異物が入らないようにネットが張られていて、その先には水を貯めるためのトラップという場所があります。これは、配管を通って上に虫が入らないようにすることと、異臭を抑える目的があります。
トイレならば、便器とタンクに常時水がたまっていますし、キッチンではネット部分が大きく深く設置され、お風呂ならばトラップ部分がほかよりも大きく取られているなど、利用する場所によって工夫されています。
そして、排水管にはその材質の違いもあります。耐久性を重視するならば金属製が最適で、洗面所やトイレに多く使われています。一方で、樹脂製が用いられるのはキッチンが多く、耐食性や薬品に強く、洗剤や食品を扱う場所に適しているという理由があります。
それぞれに特徴や工夫がありますが、詰まりを起こしてしまったり、長年の使用や傷がつくことで、変形や破損につながる場合があります。ほかにも様々な要因で水漏れが起こることがあり、その際は修理が必要になります。

■キッチンの水漏れ

キッチンは使用頻度が高い水場と言えます。そして排水は高温から低温までさまざまで、流される成分も多種多様です。そこには排水管のトラブルの原因となる要素が多くあるため、劣化や負荷につながらないよう、定期的なチェックが必要です。
例えば、排水管の水漏れは、排水が流れている時だけ発生しますから、短時間で連続的ではありません。そのため大量に漏れている時には、排水管の破断や配管の外れなどが疑われます。あまり発生することはありませんが、使用期間が長いものは劣化が激しくなるので、リスクは高くなります。予防するためには排水管の定期的な交換が必要です。
継ぎ目からの水漏れは、通常少量で終わるので配管周辺に流れたあとが見られたり、カビが発生していることで気がつきます。原因としては、継ぎ目のネジの緩みや破損が考えられます。何かをしまう時に当ててしまったり、温度差のあるものをなんども流したりすると起きやすくなります。
この場合、ネジの部分を交換するしか対応できませんが、応急処置でしばらく使うことが可能です。配管用の補修テープやパテが販売されているので、それらを使います。テープは継ぎ目に隙間なく巻きつけるだけです。あとで外すこともできるので交換作業に影響しません。耐久性はないので、業者にお願いするまでの少しの間だけであれば大丈夫です。
パテを使うと完全に固定してしまうため、外すことが困難になります。交換作業の時には壊すしかなくなります。耐久性があるのでしばらく使いつづけられますが、あくまでも応急であることを忘れないようにしましょう。

■トイレやお風呂の水漏れ
排水管が詰まることで水漏れが発生することもあります。お風呂やトイレの場合、排水や汚水が配管内に詰まって、流れを悪くすることがあります。それだけでは水漏れになりませんが、それが悪化すると流れない排水が戻ってきて溜まってしまいます。結果として、浴室が水浸しだったり、トイレの溜まっている水が濁っていて流れないなどの症状が見られます。
どちらも定期的な清掃をしていれば基本的には発生しません。たまに流してはいけないようなものや子供のおもちゃが詰まって発生することもあります。どちらにしても異物などの詰まっているものを除去しない限り改善されません。
まずは水かさが減少するかを確認します。少しずつでも減っているようなら時間をかけて待ちましょう。十分に水がなくなり作業ができるようになったら、異物を除去します。トイレの場合は、個人で行える方法としてはラバーカップを使って圧力を加えることです。圧力により異物を除去し、詰まりを改善することができます。
お風呂の場合は、パイプ掃除などの洗剤を使って、異物を溶かします。異物の多くが髪の毛などのタンパク質なので、溶かすことで流れやすくなります。水が十分に引いていないうちに洗剤をいれてしまうと効果がないので注意しましょう。また、洗剤の説明を見て、分解する時間を確認しておく必要があります。
このような事態にならないためには定期的な掃除が重要です。異物が流れ込まないような工夫をすることや掃除のスケジュールを決めておくと良いでしょう。普段から観察していて流れが悪くなったら掃除をするサインとすることもおすすめです。適切な量の流れが維持されれば、水漏れが発生することはありません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ