排水管の水漏れを見つけたときの応急処置方法

■水漏れの発見から応急処置へ

排水管は、あまり目につかないところに配置されていることが多いです。壁の中や床の下など、生活空間を圧迫しないように、デットスペースになるところを利用しているためです。圧力をかけて送り出すのではなく、勾配を付けて自然落下させるのも排水管の特徴です。見えないところでゆっくりと流れていく排水管なので、そこで水漏れが起こったときは発見が遅れがちです。見えないところでも、一揆に大量に流れれば濡れている箇所が目につきやすく、音も出る可能性が高いです。しかし、わずかな量から始まり、使うたびに少しずつ漏れてくると音も少なく、発見が遅れ、水漏れも続きます。ほんのわずかでも変化を見つけたときには、早急に対処をはじめなければ、思っている以上に被害が広がることになります。
なかには、目に見える位置に配管してある排水管もあります。キッチンの下や洗面所のボウルの下といった箇所は、気を付けていれば目につく場所です。定期的に点検することで異常を発見できますが、ほかにも水が流れるような異音が聞こえたり、うまく流れないといった状況が発生したら、確認するといいでしょう。
水漏れしている場所を見つけたら、まずはきれいにふき取り現状を把握します。見える場所ですから、できるだけきれいにして明るい状態を作っておくのがポイントです。そのあとに、水を少しずつ流していきましょう。きれいにふき取ってあれば、新たに漏れてきた箇所がすぐに判別できます。逆に流れ出てきたところを追っていくことでもわかりますが、浸み出ている状態もあるため、細かく見ていく必要があります。漏れているのがわかれば、修理しなければいけませんが、まず応急処置をすることも大切です。

■粘着テープを使って応急処置

応急処置の方法もいろいろとありますが、簡単なのはテープを使った方法です。どこから漏れてきているのか探しておき、できるだけきれいにふき取り乾燥させます。テープ類の大半は粘着面を持っており、水がついていると接着しません。拭いた程度では水がついている可能性があるため、ドライヤーを冷風にして風を当てるなど、しっかりと乾燥させるのが密着させるポイントです。
手軽に手に入る絶縁用のビニールテープでも、排水管の水漏れの応急処置ができますが、いろいろと注意しなければいけないポイントがあります。ビニールテープは伸びる特性を持っているため、圧力がかかると伸びて漏れる可能性があるため、引っ張りながら巻くのがポイントです。数回巻いた程度では、伸びたときに隙間ができるため、ある程度繰り返す必要があります。直線部分には巻きやすいものの、コーナー部分では、どうしてもすき間ができやすく、あまり効果的ではありません。巻いているつもりでも漏れてきている可能性があるため、経過観察が必要です。
応急処置の方法として、タオルを先に巻いて、テープで固定する方法もあります。タオルだけではどうしても外れてしまうため、テープを使って固定しますが、濡れてはがれる可能性もあります。テープ同士を密着させれば、水が触れてはがれたりしにくくなるため、こまめに交差させると固定した力を維持しやすくなるでしょう。タオルからは水がつたってくるため、下にはバケツを置くなどして受け止めるとともに、シート養生なども必要です。狭い場所での作業も考えられるので、明るくして、頭上に十分注意しましょう。

■止水テープやエポキシ樹脂を使った方法
応急処置として、排水管に修理用止水テープを使う方法があります。ホームセンターなどでもいろいろな種類が販売されるようになり、手に入りやすくなりました。見えるところしか対処できませんが、強度が高く設計されており、巻き付けるだけで対応できるのがポイントです。中には水につけて反応させて硬化するタイプもあるため、取扱説明書をよく読んで施工しなければいけません。
曲面部分の水漏れに使うのであれば、パテ材を使って埋める方法もあります。エポキシ樹脂が中心ですが、硬化すればかなりの強度を保てるのがメリットです。施工面は粘着テープなどを使うよりも、きれいに乾燥させなければいけません。混練りして利用しますが、硬化時にガスが発生するため、換気した環境の中で使用することを覚えておきましょう。中には水中硬化型といったものも販売されていますが、特殊な性能を持つエポキシ樹脂のため、取り扱いには十分注意しましょう。
補修材などを使う場合には、可使時間にも注目しておくといいでしょう。可使時間とは、混合後の作業が可能な時間です。練り混ぜや攪拌したり、水をつけたりした後にどのぐらいの時間が経ったら作業できないのかを示しています。気温などの環境の影響も受けるため、あくまでも目安ですが、可使時間が短い時にはしっかりとした段取りが必要です。待っている時間もほとんどない速乾性のタイプもあるため、すぐに作業できるように、施工面を含めて準備してからスタートするのが失敗しないポイントです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ