排水管のつまりは原因を分解すれば問題解決

■キッチンのつまりトラブルは何が原因なのか

水回りのトラブルは見て見ぬふりをして使い続けると、そのトラブルが拡大して二次被害を生むなど悲惨な状況に見舞われます。早めの対処を施してトラブルを解消しましょう。
キッチンでのつまりトラブルの原因として考えられるものの一つに油があります。油をそのまま排水口に流していないので大丈夫と過信してはいけません。食器についた油汚れは食器を洗うたびに流れていきますので、流れる油の量が少しだとしても、時間をかけて中ににどんどん溜まってしまい、それがいつしか内部にこびりついてしまいます。層になって油がこびりつくと管の中がどんどん細くなり排水の流れが悪くなるので、この時点で以前と違う変化に気づくはずです。つまった油は分解しなければなりません。
野菜などの小さなクズも水のトラブルを誘発します。固形物なので水に溶けることはありません。排水口の中の水切りカゴが受け皿として役目を果たしていますが、それでも細かいゴミは流れていきます。受け皿がないとそのままダイレクトに流れてしまうので水トラブルの原因になります。食材だけでなく箸やスプーンなどの固形物をうっかり落としてしまうことも原因の一つになります。つまりトラブルを予防する意味でも水切りカゴの設置をおすすめします。
また、トラブルが起きてパニックになるのを防ぎたいなら、市販のパイプクリーナーを使って定期的に掃除をしてみてください。排水管の中に溜まった汚れがクリーナーの成分によってきれいになるので、水トラブルが起こりにくく予防策としておすすめです。トラブルが起こった場合も、症状が軽いものであればパイプクリーナーで解消ができることもありますが、それでも直らない場合は、ラバーカップを使ったり、修理専門業者に依頼したりするなど他の方法が必要となります。

■バスルームのつまりの原因として考えられるもの

排水管のつまりトラブルは水回りの場所によって原因はいろいろです。バスルームから排水管に流れるのはボディソープの泡や毛髪、皮脂などの汚れが一般的です。
排水口に受け皿として専用のネットを置いても網目の隙間から流れてしまうため、それが塊となって排水の流れを邪魔してしまう事態を引き起こします。毎日シャンプーしたり体を洗ったりするたびにどんどん汚れが流されて、その汚れが重なり合うと大きな塊になります。これまで少しずつでも流れていたものの、排水管が完全に塊によってふさがれてしまうと、途端に逆流する恐れがあります。定期的に状態をチェックし、掃除をしてきれいにしたり、汚れやゴミを分解したりするなど、予防策を取り入れるのは大事なことです。
排水が逆流した場合は、それ以上排水が流れない状態なので一時的にバスルームの使用を中止します。溢れ出た排水がそれ以上広がらないようにすることが肝心です。
掃除をしても解決しない場合は専門業者に依頼することになりますが、建物の外に設置されている排水桝も確認しましょう。排水の逆流現象は排水桝に原因がある可能性も考えられます。流れ着いた汚れなどが蓄積されて、本来下水に流れるべき排水が流れず逆流する現象が起きてしまうのです。
また、大雨や台風などで一時的に大量の雨が降って土砂が下水道を防いでしまうことも、トラブルの要因になりうるので、天気が荒れたときは注意が必要です。

■つまってしまう状態を避ける方法
トラブルが起きたら早急な対応が必要になりますが、予防することで被害を食い止めることができます。誰でもできる簡単な方法がいくつかあるので、実践してみましょう。
一つはお湯を使う方法です。お湯を使う場合は、50度ぐらいまで温度を下げたものを使うようにします。排水管の耐熱温度は一般的に60度ぐらいです。熱湯を排水口から排水管へ流す行為を避けるべきだだと言われているのは、耐熱温度を超えてしまうことで排水管に負担がかかり、破損する恐れがあるためです。冷ましたお湯を2リットル程度流してみましょう。料理や洗い物を終えた一日の終わりに実践してみると、流したお湯によって油が分解されるのでつまりの原因が解消され、トラブル防止になります。
また、ゴミが排水管に流れないように市販されているネットやシートを使うのもいいでしょう。キッチン用やバスルーム用が市販されているので、目的に合ったものを準備してください。キッチンもバスルームもゴミを受けるカゴや網がありますが、小さな隙間をぬってゴミが流れてしまうことも水トラブルの要因に繋がります。ネットやシートを使うと、何もしなければ流れてしまう細かいクズやゴミなども受け取ることができますし、掃除の手間も省けるのでおすすめです。
掃除をする際の汚れを分解する市販のクリーナーは、それぞれの水回りに適したものが開発されています。キッチンで使うなら油汚れに効くものを、バスルームや洗面台で使うなら髪の毛を溶かすものを選びましょう。いきなり大きな塊ができてつまりができるわけではないので、定期的な掃除で原因となる塊が小さいうちに分解すれば、水のトラブルが起こる前に予防することができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ