排水管のつまりを除去して水漏れも防止

■排水管の汚れは油が大きな原因

排水管が何らかの原因でつまり始めると、水の流れが悪くなります。逆流なども起き始め、水漏れを引き起こす原因にもなり、水があふれるトラブルもあります。水回りで使った排水が本来流れるべきところ以外に流れ出してしまえば、生活環境に与える影響は計り知れません。キッチンのシンク下で流れ出すだけでも大変ですが、トイレの排水などになれば問題はさらに大きいです。見えているところであれば対処もしやすいですが、配管は見えないところに通されることも多く、見えないところで漏れ出しているケースもあります。
キッチンでの水漏れの原因になりやすいのが、油汚れが詰まるケースです。毎日使うキッチンではさまざまなものと一緒に油も流れていきます。これに食材のごみが絡み合うことで、詰まりが発生します。
キッチンで調理後の油を流してしまうことは、非常にリスクがあります。油汚れ以外の汚れやごみが、どんどん堆積していきます。配管にもダメージを与え、それとともに環境に与えるダメージも大きくなります。配管以外にも固着してしまう可能性が出てくるため、避けなければいけません。使用した油は固形化できる薬剤が販売されていますし、食器などは新聞紙などでふき取ればかなり除去できます。どんなに努力しても、油汚れがゼロになることはありませんが、なにもしなければ、水漏れを含め故障の原因を作っていることを忘れてはいけません。ひと手間で故障の予防ができるのであれば、それだけ費用負担も少なくて済みます。あとから水漏れして修理などが必要になり、大きな費用を支払うことを考えれば、今できることをする大切さが分かるでしょう。

■お湯で油汚れを分解

排水管の油汚れの堆積対策としては、食器に付着した汚れを拭きとってから洗うことが一番です。食洗器を使う場合でも、この方法で食洗器本体にかかる負担を軽減できますし、洗剤の効率を挙げられる方法です。
すべての油汚れをなくすことができない以上、対処も講じていかなければいけませんが、簡単な方法としては、お湯を流して油に流動性を与え固着させない方法があります。食器も調理器具も水で洗っている場合がありますが、給湯器を使ってお湯を出すだけでかなり違いが生まれます。50度から60度程度まで温めることができれば、固形化してしまっている油脂汚れにも温度が伝わりやすくなり、配管の奥でも一定の温度を保てます。
ここで注意しなければいけないのは、高温にしてはいけないことです。普段のキッチンの使い方にもつながりますが、熱湯のような高温のお湯を流すと、排水管にダメージを与え、水漏れなどトラブルを引き起こす原因となります。高温のお湯がいけない理由はいくつかあります。もともと排水管は水が流れることを前提にして作られていますし、普段は常温ともいえる状態です。この状態に急激な温度変化を与えると、素材としてかなりもろくなるため、破損してしまう可能性が出てきます。
高温になる急激な温度変化を与えると、排水管は熱膨張を起こします。熱膨張するときに、すべての部品が同じように膨張すれば追従しますが、実際にこれはありえません。伝わる速度にも違いがありますし、接続部分のような厚みの違いも出てくるためです。膨張すれば収縮もしますが、このときに接続部分などにダメージを与え隙間を作る可能性が出てきます。メンテナンスのつもりが水漏れなどのトラブルの原因につながるため、排水管に流すお湯の温度は60度程度までに収めるのがポイントです。

■重曹を使って排水管内を洗浄する
メンテナンス方法として、重曹を使って配管内の汚れを掃除する方法があります。この方法の場合、特殊な薬剤などを使う方法ではないため、安全に行うことができます。同時にクエン酸を使うか一般的に飲食に利用されているお酢のどちらかを用いてメンテナンスをする方法です。ほかにもバケツやスポンジなどもあれば、周辺の掃除も同時に行えます。バケツに50度程度のお湯を溜めてその中に重曹を溶かし、キッチンの排水口にあるごみキャッチャーなどの部品を外していれておけば、それだけできれいに汚れを分解してくれます。
排水口の周りに重曹を撒いて、そこにゆっくりと少量のお酢を流していきます。クエン酸の粉末であれば、重曹の半分の量を撒いて水を流すことで同じ効果が得られる方法です。このときに、やはり60度以下のお湯を用意して流していけば、汚れを落とす効率を高められます。軽くつまり始めている状況も分解できますし、ぬめり汚れなどもきれいに除去できる方法です。このぬめりは、雑菌の塊ともいえる状態です。臭いのもとにもなりますし、つまる原因にもつながるため、除去することで清潔に使用できるようになります。
注意点は、クエン酸など酸性のものを使用する場合は塩素系の洗浄剤を同時に使わないことです。食品にも使われる重曹やお酢、クエン酸を使う方法のため安全性が高いことは間違いありません。ですが、酸性の薬品との塩素系の薬品を同時に使えば、有害な塩素ガスが発生し身体に影響のある反応を起こす可能性は十分に考えられるため、同時に混ぜたりするのは厳禁です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ