排水管と排水ホースからの水漏れなどのトラブルに対処するには

■水道のトラブルが発生したら

私たちの日常生活の中で水は電気と共に必要不可欠なものです。その大切な水に関するトラブルは様々で、急に発生して慌てて対応するトラブルもあれば、私たちが普段気付かないうちに起こっていて後で気付いて大慌てするようなケースもあります。なぜか水道料金が前々月より急激に高くなった、排水管の辺りから悪臭がする、壁や床の一部が湿っているなどトラブルの原因に応じて症状は様々です。それぞれの症状に応じてその対処法を考えてみましょう。

水のトラブルはその発生元から給水側と排水側とに分けられます。給水側としては水道の配管やそれらの接続部分のトラブルが主要因です。水道料金が急に上がったり、水道管周辺がいつも濡れていたりする場合は水漏れが考えられます。水道管の亀裂などで水漏れが発生し、それを放置していると余計な水道料金を支払っていることになり無駄な出費となります。それだけならまだましで、水道管からの漏水が床や壁を濡らし続けると建物の腐敗を招き、大規模修繕など大きな出費につながりますので早急な対応が必要です。

漏水検査自体は費用がかかりますが不要な水道料金を払い続けることを考えれば早くやっておくべきものなのです。漏水検査で水漏れの場所や原因が特定できたら直ちに修理に取り掛かります。漏水箇所の場所次第で公営の水道局も対応してくれますが、民間でも水周りのプロの会社がたくさんあります。水道局は土日や時間外対応は難しいですが、民間業者の場合、多くが時間外対応可能で中には24時間年中無休の業者もあるので普段からチェックしておきましょう。選ぶ業者としてはテレビCMや広告で良く名の知れた業者であれば相応の価格で緊急対応も応じてくれるので安心です。

■排水側の水漏れトラブルとは

排水側の水漏れにも色々な原因があります。中にはちょっと部品を締め直したり、新品の部品と取り換えるだけで直るケースもあります。まずは発生個所を特定して、自分で解決できるものなのか、プロの業者を呼ばないと直りそうにないものなのかを判断しなければなりません。

流し台の場合、シンクから流れ出た水は一旦排水トラップに流れ込みます。この排水トラップは下水からの臭いが上がって来るのを防止するためのもので、常に一定量の水が溜まっています。排水トラップをシンクに取り付ける部品の所にゴム製パッキンが使われていますが、そのパッキンが硬くなって亀裂が入っていたり収縮していて隙間ができたりすると水漏れが発生します。ゴム製パッキンは10年から15年ほどの寿命ですが、使用頻度に応じてその劣化が早く進行する場合があります。このパッキン関係が怪しい場合は早めに交換した方が良いでしょう。このトラップ自体を止めているナットが経年変化で緩んでいる場合もあります。きつく締め直すだけで直ることもあるので確認のため締め直してみましょう。

排水ホースは樹脂製ナットで排水トラップに固定されており、その内部にパッキンがあります。このパッキンが劣化してナットが緩んでいると水漏れが発生します。この排水ホースは蛇腹構造になっていて、その蛇腹の途中で裂け目ができて水漏れしている場合があります。応急処置としてテープなどでその部分を巻き覆うこともできますが、最終的には排水ホース自体を交換すべきです。自分で交換できますが、サイズの規格があるので間違えないよう長さと径を確認しておきましょう。

■排水管から悪臭が出たら
水周りに関するトラブルで水漏れ以外に多いのが排水管から上がって来る悪臭です。その原因のほとんどが排水管や排水ホースの中の汚れによるものです。排水管や排水ホースには水に混じって色々な物が流されて来ます。台所の流しの場合には中性洗剤や食物カス、油脂など、洗面所やお風呂では髪の毛や皮脂、石鹸やシャンプーが流れてきて各パイプの内側にこびり付いて溜まり発酵して悪臭を放つようになります。

悪臭を防止する手段としてはなるべく原因となる物を排水口に流さないことです。ネットを張るとか、定期的にパイプ洗浄剤で清掃するのは有効ですが素人作業では悪臭をもとから絶つには限界があります。一年に一度程度で良いので排水管や排水ホースの清掃をプロに任せてみましょう。特殊洗浄剤や加圧手段などでさっぱり内側からきれいにでき悪臭のもとから絶つことができるでしょう。

悪臭のもう一つの原因は下水の臭いの浮上があります。この下水の臭いは排水ホースの連結部の隙間や排水トラップの水の蒸発が原因です。排水トラップがきちんと付いていないという不具合により悪臭が上がって来ることがあります。排水ホースが破損していたり排水管と排水ホースを繋ぐ部分の隙間なども悪臭の原因となります。このケースでは排水ホースと排水管との間を防臭ゴムというホームセンターでも売られているような物で隙間を塞ぐだけで対策できます。このグッズを使うには排水管のサイズを良く確認しておくことが大切です。もっと単純な方法としては連結部分にビニールテープを巻き付けて貼る方法でもかなりの防臭効果が得られます。

しかしどうしても悪臭の原因が突き止められない場合、もっと大きな原因があるかもしれないので水周りのプロの業者に相談してみましょう。水漏れなどの水の直接の問題だけでなく上水から下水に至るまでの関連のトラブルに全て対処してくれます。緊急時のためにも普段から水のトラブルに関する業者をマークしておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ