排水管や排水ホースの水漏れの修理方法

■詰まりを解消して様子を見る

排水管や排水ホースから水漏れしている事を確認した時、詰まりによる原因ではないか確認します。汚れが溜まっていたり異物が取り残されていたりすると、水が漏れだす原因になるからです。市販でも販売されている液体状のパイプクリーナーを流し込みます。注ぐ量など使い方に関しては商品によって異なります。使い方や注意書きは各商品のパッケージを確認しましょう。流し込んでから長く待てば待つほど良いという訳ではありません。決まった時間以上に放置すると、かえって汚れが固まってしまう可能性があるため、使用方法の指示に従いましょう。パイプクリーナーを流し込んでからある程度待ちましたら、ゆっくりと水を流してみます。詰まりの原因が汚れだった場合、汚れが溶かされて水がすんなりと流れてくれますので、水漏れも解消されるかもしれません。

■排水管の緩みのチェックとパッキンの交換

排水管から水漏れする原因として多いのが、部品が緩んでいたりパッキンに経年劣化が起こっていたりするケースです。部品の緩みの例としては、キッチンのシンクの下あたりに配管が設置されている事が多いため、確認してみましょう。多くの場合、見える箇所にパイプが通っていますが、シンクとの接続部や、ホースとの接続部などのつなぎ目から水が漏れていないかチェックします。つなぎ目から水が漏れている場合、ネジが緩んでいないか確認し、緩んでいたらしっかり締めしましょう。ネジを締めても水を流したら漏れてしまうという事であれば、パッキンが痛んでいる事が考えられます。部品と部品のつなぎ目には通常、水が漏れ出さないようにゴム製のパッキンが取り付けられます。しかし長年使用しているとゴムが収縮したり亀裂が入ったりしてしまい、そこから水が漏れだすという事が多くみられるのです。
パッキンに原因があるという事がわかれば、自分で修理して直す事は可能です。当然ですが、修理中に水を流すと排水管を通じて水が流れ出てしまうため、修理中は水を使わない、もしくは元栓を閉めておくと安心です。水が漏れている箇所を確認できたら、ナットを外し、さらにパッキンを外します。例えばU字管を取り外す時は、中に溜まっている水が出てきてしまいますので、タオルなどを用意して水がこぼれないように対処しましょう。全く同じサイズのパッキンと取り替えたら、同じように配管とナットを取り付けて完了です。注意点として、そもそも配管が痛んでいると、金属製のパイプの場合、ネジを回すだけで亀裂が入ってしまう事もあります。しかしこれは自分でしても業者がしてもほとんど同じ結果になる事です。つまりパイプそのものが経年劣化を起こしているため、故障するのは時間の問題だったとも言えます。パイプそのものが故障してしまった場合には、新しく用意するか、業者への依頼で対処しましょう。

■排水管そのものを修理する
パッキンを交換したり、ナットを締め直したり、そのほか詰まりを解消するようパイプクリーナーを使ったりするなどしても排水管の水漏れが解消されない場合、パイプそのものに原因があるかもしれません。金属製やプラスチック製のパイプに関わらず、長く使用していると劣化し、部分的に亀裂が入ってしまう事があります。そうしますと亀裂から水が漏れ出してしまいます。自分でパイプを交換する場合はまず、少量の水を流して本当にパイプが故障しているのか確認しましょう。亀裂が入っているなどの問題が確認できましたら、ホームセンターなどで同じ形の配管を購入します。サイズなどは細かく確認し、取り付けられないという事がないように注意しましょう。
シンクや洗面台の下にある配管には、S字トラップやトラップU管などがあります。まずはトラップU管を取り外しますが、トラップU管の中には水が溜まっているので、こぼれてしまわないように受け皿などを用意しておきましょう。また、床下まで繋がっている排水用のパイプとプレートを取り外し、その後に排水栓を外します。それから新しい排水管を、古いのを取り外したのと逆の順番で取り付けていきます。すべてつけ終わったら少量の水を流して同じく水が漏れないか確認します。このように部品と工具を用意し、さらにやり方さえ把握していれば自分で修理する事は可能です。しかし取り付け方を間違うと水が漏れたまま直りませんし、さらに他の部品を傷つけてしまう可能性もありますので、自信がないと思う方は無理に自分でしようとしなくても良いでしょう。業者に依頼すると費用はかかりますが、失敗する心配はほとんどありませんし、確実に治してもらう事ができます。自分ですると費用は格段に抑えられますが、手間も時間もかかります。自分でみてもどういう理由で水が漏れているか分からない、排水管や排水ホースの仕組みがよく分からないなど、自分でするのが難しいと思った場合には、早めに業者へ相談される事をおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ