深刻なことも多いトイレのタンクや排水管の水漏れ

■ちょろちょろと続く水漏れ

水漏れする箇所というのは、家庭の中にも複数存在しています。水漏れが起こればどうしても何かしらの被害が発生してしまいますが、中でもトイレは一度水漏れが起こると、被害がかなり広がってしまう場所と言えます。日頃から点検しておくべき箇所はいくつかありますが、その箇所毎の特性を知っていれば、被害の拡大も抑えることができるでしょう。
トイレでもっとも多くの水を抱えているのはタンクです。背面に取り付けられているのが一般的ですが、壁の角に設置されているタイプもありますし、タンクレスも登場してきました。便器の中を洗い流すための必要な水量というのは決められており、タンクはその量を常に保てるように作られています。水を使用してタンク内の水量が減ったときには自動で供給されますが、水漏れを起こしている場合は、この機能があだとなってしまいます。水漏れしやすい箇所は複数ありますが、中でもタンクの下部にあるフロートバルブはゴム製のものが使われているため要注意です。最下部にあり、レバーを動かすことでバルブが浮き、内部の水が便器に流れていく仕組みです。単純な構造ですが、このゴムが劣化してしまうと、水はわずかずつですが便器に流れ出してしまいます。使った分の水が供給される仕組みですが、この場合使った覚えもない水を永遠と消費し続けることになります。その分の水道代もかかるため、請求時に気がつくという典型的な状態です。対処としては、新しいものに交換するのが一番簡単ですが、もし交換しても直らないときは別の問題を調べていかなければいけません。

■バルブなど大きな問題になるケース

タンクから水が流れていく状況は、必要以上に水が溜まる状況でも起きます。何らかの問題があって水が必要以上に溜まってしまったときは、ドレーン管から水を外部に排出します。通常はタンク内が一定の水量になると、浮き球が水道のバルブと連動して、必要以上は水が供給がされない仕組みとなっています。ところがこの浮き球の位置が高くなっていたりすると、いつまでたってもバルブが閉まらない状況となります。バルブの栓に異常がある場合は、浮き球の位置が正確であっても水が止まらない状態になるため、これも漏れの原因となります。浮き球の交換や調節が必要なだけではなく、バルブ本体の交換が必要になります。調節だけで直る場合は、ゆっくりと落ち着いて作業すれば対応もできますが、交換となると技術も道具も必要です。適切な部品を入手するだけでも難しいため、専門業者に依頼してみてもらうほうがいいでしょう。
多量の水漏れになる可能性があるのが、接続部分の不具合です。バルブもそのひとつで、水の供給を受け続ける部品であるため、なにか問題が起こった場合は水が吹き出してしまうことが考えられます。タンクの下部には便器とつながる配管があり、ここですき間が生じるなど問題が起きると、大量の水が外部に流れ出し甚大な被害をもたらします。この部分は簡単に修理ができる部分ではありません。配管自体の交換という作業になりますが、それは専門業者の作業領域です。水漏れが発生したときには、まず止水栓を閉めて供給を遮断します。水の供給が遮断されると、漏れだす水の量はタンクに残っているだけで済むため、対処できるようになるでしょう。もし止水栓がわからないときなどは、元栓を閉めてしまうのも方法のひとつです。

■トイレの排水管から漏れる深刻な状況
トイレにおいて、排水管からの水漏れも深刻です。排水管の位置は構造によって違いますが、便器の直下か背面かのどちらかです。戸建てなどは直下が多く、マンションでは配管の都合上背面に取り付けられるケースが多くみられます。この排水管から漏れだしてくるのは、汚物を流すために使われた排水です。水が漏れるといっても性質が違うため、早急に対応する必要が出てきます。
排水管には水漏れ防止のためのパッキンなどもつけられていますが、交換するとなれば大仕事です。一旦便器を取り外し、配管の確認をしなければいけません。そこから消耗品を取り外して交換となるため、これも専門業者の領域となります。もっと深刻な問題としては、排水管の接続部分に不具合が生じた場合です。便器との接続部分の場合は、便器がひび割れてしまうことも考えられるため、便器本体の交換も検討します。便器は陶器で作られていることから、一旦ひび割れを起こすと修復はできません。一時的にパテなどでカバーすることはできても、ひびは広がりいずれ交換が必要になるため、業者に相談してみましょう。
排水管周りから水が漏れている場合は、なかなか気がつかないことも多いでしょう。便器の直下にある場合は、床との取り合い部分で漏れているのが発見できれば気付きやすいですが、それより下に漏れている場合は判別がしにくくなります。業者による点検を定期的にしておくと、トラブルも対処しやすくなります。修理業者が定期点検を請け負っているため、気軽に相談してみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ