シンクの下にある排水管から水漏れしても自分で直せるのか

■シンクの下から漏れてくるケース

排水管から水が漏れてくるような事態になれば、だれでも慌ててしまう状況です。焦ってしまうような状況ですが、できるだけ落ち着いて原因を探し出していかなければいけません。原因がわかれば、どのようにして問題を解決するべきなのか、適切な対処方法も見えてきます。部品の交換だけで済む場合もありますし、応急処置ができるかもしれません。原因が判明すると、自分では修理できないような状況かどうかも見えてきます。そのときには、できるだけ早く専門業者に依頼して修理が必要です。
水漏れの原因箇所を見つける方法はいくつかあります。音や臭いで判別もできますが、どれも普段は起きていないものです。聞いたことのないような音が聞こえたり、悪臭がするようなときには、水漏れを疑っていかなければいけません。
シンクの下は収納庫になっている場合も多くありますが、ここで水が漏れている可能性が考えられるときには、まずはものを出してみて状況の確認をします。さらに、シンクに水を流してみて水漏れしているか確認します。わずかでも漏れてくるのが確認できれば、その箇所を修理していかなければいけません。専門業者にすぐにでも修理の依頼をするべきですが、しまわれているものはすべて出しておき、すぐに作業に入れるような環境を作るといいでしょう。
シンク下には、排水管が接続されています。ネジで締め付けたとしても、接着してつないだとしても、隙間ができやすい場所には変わりがありません。ゴム製のパーツを使って隙間ができないように調整していますが、これも劣化すれば役に立たなくなり、水漏れの原因になります。

■力がかかり割れてしまうこともある

排水管自体にダメージがある場合もあります。ゴムのパーツだけではなく、配管本体に亀裂が入ってしまうと、そこから水漏れしていくため注意が必要です。使うたびに多くの水が漏れてくるようであれば、配管の破損の可能性が高いでしょう。
配管が破損している場合、傷んでいる部分を新しいものに交換するのが基本です。配管にも経年劣化から耐久性の限界がありますし、外部からなんらかの力がかかることによって壊れてしまうような状況も起きます。日常的に使っていると、内部に負担もかかり、ある程度の年数で限界がやってくるものです。
地震など設計時に想定していない力よって、配管周りにも大きな力がかかったときは要注意です。地震などの力は人間が想像する範囲をはるかに超えてきます。配管にねじられるような力が働くと、接続部分に負担がかかり隙間ができるケースもありますし、本体が耐えられなくなり割れるといった状況も起こります。外的な力がかかる要因は地震ばかりではなく、地盤沈下も原因です。地震とは異なり静かに進んでいくパターンが多く、気がついたときには家全体がゆがんでいる状況も出てきます。このときに配管にも力がかかり、負荷が接続部分に集まって水漏れしているといったケースもあります。
トラップが劣化している場合もあります。排水管に接続して水を貯めるトラップは、取り付けることで水を使って配管に封をして、下水側からの臭いの上昇や害虫の侵入などを抑えられる大事な装置です。配管本体とは別の部品となるため、交換も踏まえた方法で接続してあります。接続部分を含め、各部品にも劣化が進むと水漏れの原因となるすき間が出来あがるため、定期的に問題がないか注意しておくことがおすすめです。

■情報だけで現実的に交換や修理ができるか
排水管から水漏れする要因はいろいろとあります。自分自身で交換したりできないわけではありません。交換方法なども調べるとすぐにわかる時代となりました。情報化社会となり、修理に関する情報や資料をすぐに収集ができるからですが、情報と実際の施工は違いがあります。部品をそろえても道具の使い方が不完全になると、せっかく修理してもトラブルのもとを作ります。
力加減の問題も忘れてはいけません。ナットを締めるとしても、普段の生活の中でどれぐらいの力で締め付けるものかわかる人は多くないはずです。適切な力で締めなければならない部品で、仮に締め過ぎてしまうと、ネジに負担がかかり水漏れを起こします。緩ければすき間を作るために役に立ちません。ネジ山にできるわずかなすき間からも水が漏れる状況も想定され、シールテープを巻いて予防する場合もあります。情報を得られたとしても、実際の作業に入るときには、多くの問題が出てきます。
排水管の水漏れは、流れる量によっては、大きな被害を生み出します。家庭内にある設備が水に濡れてしまいますし、カビなどの被害で健康に影響が出る状況も注意が必要です。早期に回復させなければ、修理が必要になったときには多くの時間と費用がかかります。少しでも異変を発見したら、自分で修理するだけではなく、専門業者に依頼も踏まえて、早期に回復できるようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ