新築の家でも排水管から水漏れする?施工不良で重要なこと

■新築でも水漏れが発生する原因は施工不良の可能性も

水漏れは築年数が長い家だと水道管の経年劣化で起こりますが、新しく建てた家でも起こりうるトラブルです。新しい家で水が漏れているようなら、施工不良と考えて良いでしょう。本来はやっておかなければならない検査などをしていない可能性もあるでしょう。
新しい設備を使っているため、本来は排水管からの水漏れ等が発生することはごく稀です。例え引き渡しを終えた後でも、引き渡し後数年以内なら施工会社に責任があります。特に新築だと保証があるので、保障期間内なら問題ありません。このような状況なら、すぐにでも施工会社やマンションなら管理会社へ連絡してください。
土日などで施工会社や管理会社へ連絡が取れない場合は、水が漏れている状態を何とかしなくてはなりません。自分で止水栓を止めるだけではなく、応急処置で水が漏れている状態を改善するか、専門業者を呼んで修理してください。一時的に修理費は家主が払っても、後から施工会社や管理会社に請求することができます。家主に大きな落ち度が無く、施工不良で排水管の水のトラブルなら、支払いに関しては心配いりません。
ただし、マンションなどの集合住宅の場合は、漏れ出した水の量によっては下の部屋の人に被害を与えてしまう事も考えられます。水のトラブルは自分で対処できる部分を早急に行って、他の住人の部屋に影響が発生していないかなどの確認は管理会社に連絡をして指示を仰いでください。管理会社を通さず個人で対応すると思わぬトラブルを招く可能性があるため、深夜などの場合でも緊急連絡先に連絡を入れましょう。

■新築で排水管トラブルの時しなくてはならない3つのこと

施工不良のために新しい家で水のトラブルになってしまった場合、落ち着いて行動するためにも、事前にトラブルの対処法を知っておきましょう。新築でも水漏れが起きる理由は、水道を使っている以上、配管から水漏れしている可能性があります。その際は、はじめに水を止めて応急処置をしてください。そして施工会社や管理会社、水道業者へ連絡し修理をしてもらう流れになります。
まずは、水が少なくても多くても漏れている状態を何とかしましょう。止水栓の位置はトイレや洗面所、台所で異なります。トイレはタンクの横や床下に接した位置にあります。洗面所の場合は洗面台の下、台所の場合はシンクの下に止水栓があるので探してみてください。止水栓はマイナスドライバーや硬貨を差し込み、右に回すと閉まり水の供給がストップします。
第一段階は、水を止め、漏れている場所が分かるなら、できるだけ早く応急処置をすることです。次に、家を建てた施工会社や管理会社へ連絡しましょう。施工会社などに連絡が取れない時は、自分で水道業者などへ連絡しましょう。とにかく、水が漏れている状態を改善しなければ、ずっと水を止めたままにしておくことになります。
お風呂はもちろんですが、トイレや台所の水さえ使えないので、生活に支障が出るのです。このような状況を改善するために、素早く業者へ連絡して修理してもらうのが良いでしょう。施工会社や管理会社には、緊急事態なので業者に修理してもらったことを伝えます。
新築ならほとんど施工不良が原因なので、費用は施工会社などが負担するでしょう。他にも、戸建て住宅とマンションでは対応が異なります。マンションの場合の修理や保証も施工会社の負担です。

■最新機器で複雑化してる?新築の水漏れ注意点
新築で家を建てて快適な生活をしていても、いつ、排水管の水がどこで漏れるのか分かりません。トイレかもしれませんし、お風呂場などの排水管から水漏れする場合もあります。なかには水が漏れている程度でで業者は呼びたくないと自分で修理をしようとする人もおり、簡単な水のトラブルなら自分で対処できることもあります。
ただ複雑な水のトラブルは素人では修理できないため、業者へ依頼してください。新築だと、老朽化のために穴が開いたり、亀裂が入ったりするだけの故障ではない事も多いです。設置する時にそもそもズレていることが原因だったりすると、根本からやり直すことになる事もあるでしょう。また、最新機器が初期不良で誤作動を起こし、水が漏れる原因になっている可能性も排除できません。どちらにせよ、素人では新しい家に起こる水のトラブルを何とかできる可能性は低いです。
最初に施工会社などへ連絡して対応してもらうのがベストですが、盆や正月、ゴールデンウイークは連絡が取れない可能性もあります。連休や休みの日に水漏れが起きた場合は、速やかに水道を直してくれる業者に連絡して水回りを見てもらってください。
水漏れしている状況によっては、工事が必要になります。工事となると時間がかかることもある点を念頭に置いておきましょう。その間、普通の生活に支障をきたすこともあるので、施工不良などでトラブルになった場合の対処法も施工会社と話し合っておくと安心です。どこの業者に依頼するか事前に調査すれば、急な水のトラブルが発生した時に焦りません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ