天井裏の排水管の水漏れがもたらず甚大な被害と対応策について

■階下の部屋と背中合わせのリスク

集合住宅や戸建を問わず、設計上天井裏に排水管が通っている建物で生じやすいのが水漏れトラブルであり、天井から階下へ大量に排水が落下することもあります。このような水のトラブルの発生率は意外と高く、経年劣化が原因となって起こる事例が多数確認されています。
長年の使用を通じて排水管内に蓄積するダメージは大きく、水道水とは違ってさまざまな成分が混在した排水は、金属製の管の内側を腐食させやすいという特性を有しています。さらに混在したゴミや不純物が、管の内側に生じた錆や傷付近に堆積し、よりダメージを加え続ける悪循環も、排水管で生じやすい典型的な劣化の一種です。
二階建て以上の建物であれば、上階の水道設備からの排水を屋外に運ぶ排水設備が必ず組み込まれています。水はわずかでも下へと流れ、垂直に落下するため、理論上は階下ほど上階で生じた水漏れの被害者となるリスクが高まります。とりわけ比較的薄い木製の板が張られた状態の天井は、その裏側に溜まった漏水が染み出したり、隙間から一気に落下したりする可能性が高く、上階の管理責任者である住人が水漏れの発生に気づいていない場合、突然天井から水が漏れ出したことで、ようやく水漏れが生じていた事実に気づくようになります。
総量が多くなればそれだけ階下の畳、床、家具などに影響する被害も大きく、人と人との二次的なトラブルを招いてしまうリスクも考えられます。不運にも当事者となってしまった際には、一時的な感情に左右されず、冷静な対応をすることが鍵となります。

■深刻な数々の被害事例と二次的トラブル

天井からの水漏れが発生した場合、被害が生じた上階の部屋の占有者もまた、その後の対応に際しては、大きな負担と労力が避けられません。日常生活上目に触れない箇所でのトラブル発生である以上、発生箇所と推察される付近の上階宅の床を外し、まずは正確に場所を特定する調査作業が必要となります。
また、木造住宅の2階以上の床下付近を通る排水管からの水漏れが、1階の天井から室内に溢れ出した場合も、注意深い現状調査作業が欠かせません。柱や梁など、建物の強度を保つ役割を担う木材が、大量の排水を吸収している可能性が懸念されるためです。一旦大量の水分を含んだ木材が再び乾燥すると、反りやねじれなどの変形が避けられず、排水設備への対応だけでなく、家屋自体への適正な対応が必要となり兼ねません。
天井裏から壁の内側へと通じる排水管から漏れた水が、壁の内側を落下する形で床下に溜まり、最下階の室内の床下から染み出す、もしくは噴き出す例もあります。中長期的な漏水が溜まって水上住宅状態になった結果、水面が床下の高さを超えてしまって生じる、非常に厄介なトラブルの一つです。
こうした大規模な漏水トラブルに見舞われてしまうと、建物全体の正常な機能に障害が発生することとなり、対応をする際には水のトラブルを扱う業者の中でも、より専門的に特化したノウハウや技術を有するスタッフに対応してもらうことが必須となります。最悪の事態の連鎖を回避する意味でも、何らかの水漏れの兆候に気づいた時点で、水のトラブルを専門に扱う業者による徹底した調査の実施が望まれます。高いスキルを持っていて実績も豊富な業者を選ぶことが大切です。

■対応依頼先の選択が重要な理由
天井裏の排水管から水漏れが確認された際には、対応を依頼する業者を正しく選択する必要があります。例えば管理会社が決まっている集合住宅の場合、一般的に管理会社が提携する関連業者が対応しますが、ここで問われるのが、業者の技術力と実績です。外から確認できたり、地中を走ったりしている排水管の補修とは違い、建物の美観と強度、入居者の生活環境にも注意を払いつつ作業をする場合は、高度なスキルが不可欠です。管理会社の中には長年の義理絡みなどから、確実に対応するだけの技術や機材を擁していない、ノウハウに不安がある業者に任せてしまうケースもあります。
不十分な処置に終始してしまった結果、類似した水漏れが再発してしまっては、今度こそ取り返しがつきません。こうしたリスクを回避するためには、入居者側も管理会社に丸投げするだけでなく、自分達が推薦する、確かな実績があり評判となっている業者の情報を担当者に伝えるなど、より完璧な復旧に努める姿勢が大切です。同時に管理業者側も入居者の意見に真摯に耳を傾け、自社管理物件の確実な復旧のために、必要に応じて取引先である水回り関連の業者について、厳しい査定を怠うことが求められます。
一方戸建ての自己物件において天井付近で排水管トラブルがあった場合、自身でベストな業者を選択しなければなりません。水回りのトラブルは排水管関連だけとは限らず、いつどの場所でその初期症状が生じるのか、予測が立ちません。万一に備えてより早い段階で、緊急連絡が可能な水のトラブル専門業者を確保しておくことが、大切なマイホームを守る鍵となります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ