テープを使って排水管の水漏れを補修

■そのままにしておけない排水管の水漏れ

水漏れが発生した箇所は、そのままにしておくことができません。水が流れ出ていれば、周りはどんどんと濡れていきます。湿度も高くなり、害虫の発生を促してしまうことも出てくるためです。水漏れの種類にもよりますが、排水管から漏れているときには、さらに深刻な問題を抱えます。排水管に流れている水は、水道管に流れている上水ではありません。どこかで使った水を排出しているため、設備の中で使用されて使った汚れた水です。これが漏れて広がっていけば、悪臭も漂ってくる可能性があるため早期に解決しなければいけません。管が破損して漏れてきている場合には、割れてしまっている状況では排水管ごと交換しなければいけなくなります。このような場合は大変大掛かりな工事になります。接続部分から漏れているときには、パッキンの問題も考えなければいけませんが、これも工事は簡単とは言えない場所です。パッキンは配管同士を挟むように設置します。つまり、外すためには配管も解体しなければいけないことを意味しています。場所によっては上下の両側で解体し、パッキンを付け替えて戻すといったことまで必要です。作業するためのスペースもなければいけません。体が入る場所ならまだしも、かなり狭い空間での作業を求められることさえあります。自分で作業できなければ、専門業者に依頼しなければいけませんが、費用も必要になります。根本的な解決方法ではありませんが、応急処置としてはテープを使った方法があります。すべての場所で使えるわけではありませんが、応急処置として知っていれば有効です。

■絶縁テープで水漏れの補修をする

テープを巻く方法は、使う補修材によって施工方法にも違いがあります。最近では、配管専用の補修材として販売されているものもあり、手軽に水漏れを修理するためには有効となりました。もっとも手軽で簡単なものは、家庭でも使う機会が多い絶縁テープです。安価で販売されていますが、素材的に伸びやすい性質で粘着力も強いビニール製のものを使います。隙間を作らないように巻くことができるのを利用して一時的な補修にできるのがポイントです。
素材の性質上、複雑なかたちに巻き付けても隙間ができるため、配管の中でも直線部分にしか使えません。施工する場合には、まずは付着している水分をきれいにふき取ります。粘着面は水があるとつかないからです。排水管ということで漏れ出た水にはさまざまな汚れもありますが、隙間を作る原因となるため、きれいに除去しておきましょう。テープを巻くときは、引っ張りながら巻き付けていきます。隙間を作らないように密着させる必要があり、ある程度の重ね合わせが必要です。巻き付けていく過程でずれたりしないようにしながら密着させれば作業は終わります。簡単な方法ですが、密着している間は水が漏れません。ただ、あくまでも簡易的な方法であり、排水で温度が高いお湯などが流れてくれば、粘着面が緩み溶け出して剥がれる危険性もあります。温度が下がれば収縮してしまい、補修面が開く可能性はゼロではありません。あくまでも粘着性を利用しているだけで、内部から強く押し出されれば、テープ自体も伸びてしまいます。一時的に水を止めながら、専門業者の修理を待つといった使い方がベストになるでしょう。

■補修専用テープでリカバリー
補修テープの中には、もっと強度が出せるものも存在します。シリコンを使ったものなどは、密着させることでかなり強度を生む補修材です。配管がひび割れているときなどにも使え、強力にサポートします。使い方もいろいろとあり、水につけてから巻き付けるタイプもありますし、水を一切使えないものもあるため、取扱説明書をよく読み、施工条件を整えてください。そのうえで、適切な処置をすることが、補修の大事なポイントです。補修材は確かに便利な方法ですが、配管がひび割れたり、パッキンが劣化している状況は、これで修理ができるわけではありません。配管の劣化はそのままですし、パッキンも弾力性を取り戻したりはしません。補修しても別の部分に力がかかり、割れることで再び水が漏れ出してしまう可能性が高まります。パッキンの劣化も進み、大きな隙間が出来るかもしれません。根本的な解決という面では、交換してしまう以外に方法はないといえます。排水管の修理は時間もかかりますし、費用も必要です。内部の状況も見た目では容易に判断できません。できるだけ劣化しないような使い方をする必要がありますし、ダメージを蓄積しないように管理してあげることも大切です。トラブル後に交換よりも、日々点検してその都度問題点を解決するほうがはるかに安上がりになるため、専門業者に定期的に配管の洗浄を依頼するのもいいでしょう。水のトラブルは、大きな損害を生み出してしまいます。集合住宅のような環境では、水漏れが損害賠償訴訟になるケースもあるので、早めに対応して予防していくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ